安全教育(災害事例)


発 生 日 時

平成9年5月10日15時5分頃

都 道 府 県

秋田県

起   因

発破飛石

職種 ・ 年齢

発破指揮者・70才

事 故 の 型

飛 来

災害の概要

当日は、同一採石場内の二個所の発破を行うため、午前中せん孔作業を行い、14時40分頃二個所の発破準備が完了した。  第一回目の発破を罹災者が点火し発破を終了させた後、第二回目の発破を行う点火者へ、罹災者は白旗を振ってOKの合図を送った。

第二回目の発破の点火者は、罹災者からの合図を確認後発破を行ったところ、 飛石が発生し、発破個所から142m離れた第一回目の発破点火位置にいた罹災者(点火者)の胸に直径約30cmの飛石が直撃、罹災(即死)した。

第二回目の発破個所は、安山岩で、縦横に節理が発達していた。
(注)第一回目の発破は、12孔、装薬量151.2kg

第二回目は20孔、計227kg。 なお、せん孔径75mm、せん孔長は5.9~6m(ベンチ高さ5m)であった。

負傷の程度

胸に直径約30cmの飛石が直撃、罹災(即死)

 

発 生 日 時

平成9年7月7日9~10時頃

都 道 府 県

島根県

起   因

トラクターショベル

職種 ・ 年齢

重機運転手・44才

事 故 の 型

転 落

災害の概要

罹災者は、当日トラクターショベル(CAT977L、バケット容量2.1立方m、53年製)を運転して、ベンチ部に堆積してあった砕石のズリ山(堆積高さ約2.4m、上部台形平場約13m×約18m)の上部ズリを押し出す作業(押し出し距離約24m)を行っていた。

罹災者はズリ押し出し作業の後進時、後進し過ぎたためズリ山平場の後側法肩を乗り越え(ズリ堆積法肩の崩壊はない)ズリ堆積背面斜面(勾配約30度)を急速後進し、途中の衝撃(?)などでステアリング操作が谷側に働いたため(履帯跡より推測)ショベルは谷側に向かって進み、途中左側履帯より左一回転して小段(幅約3.7m)を乗り越え、二段目の小段に停止した。

転落斜面延長33.3m、平均勾配約35度であった。

罹災者は、運転席に座ったまま、油圧タンクとヘッドガード(直角に折れ曲がっていた)で胸部、頸部を圧迫され圧死(即死)状態で発見された。当日、同一切羽に他に二人が作業していたが、60~80m離れて罹災現場が見えない位置にいたため、発見は昼になった。

四国建設機械販売株式会社では、
災害事例を元にお客様への安全教育を行っております。
ご希望の方は、担当営業にご連絡頂くか、
下のボタンより、お気軽にお問い合わせください。

 
Copyright. shikoku-kenpan. All Rights Reserved.
Top